雨漏り修理をして住宅を改善していこう【住環境改善ガイド】

作業担当者

劣化したら修理する

住宅

家にトラブルが発生するということは、住宅が劣化しているということに繋がります。トラブルを発見した時には、リノベーションやリフォームを利用して改善していくのが良いでしょう。

View Detail

早めに修理する

スタッフ

雨漏りは放っておくとかなり悪化していきます。悪化すると雨漏り修理だけでなく他の部分の修理も必要になってしまうものです。雨漏りを発見した時にはできるだけ早めに修理をするのが良いでしょう。

View Detail

住宅設備を良くする

不動産

「ポタ、ポタっ」そうです家の中から、水が滴る音。最初は水道蛇口の締め忘れかと思いきや、それも違うのです。じゃあ、この水が滴る音とは一体なんでしょう。よーく家の中を見渡してみると、天井から雨水が滴っており、床に落ちている音でした。そう、我が家は遂に「雨漏り」してしまった訳ですよ。はい、私が今現在住んでいる家は、結構築年数が経過していますから、恐らく屋根瓦がずれて、そこから雨水が侵入したのでしょう。こうなったら雨漏り修理をしないといけないのですが、私はこの雨漏り修理をキッカケに、家全体を「リフォーム」と「リノベーション」してしまおうと考えたのです。リフォームとリノベーション。リフォームというのは、家自体の雰囲気を改革する工事のこと。家の構造自体は変える訳では無く、見た目だけを変える工事になります。リノベーションは、骨組みを変えないリフォームに対して、骨組みの状態にすることによって、家のありとあらゆる箇所を改革出来る工事のことです。やはり、築年数が経過した家というのは、周りの家と見比べてみても造りが明らかに異なります。それに、昔ながらの家って結構訳ありな住宅も多く、私が住んでいる家もまさに訳ありだったんですよね。廊下がやたら狭いとか、階段が急だとか、ですね。また、雨漏り修理する箇所というのは、基本的に家の外側の部分。その為、雨漏り修理と併せて、家の外観のリフォームも出来るのです。もし、これから雨漏りするようなことがあれば、家の外観も内部もリフォームとリノベーションによって、今までの雰囲気を変えてしまいましょう。

家を建てる前に

一軒家

宅地造成を行うことは、土地を強化することになります。どうして、土地を強化するかを説明したいと思います。家を建てる時は、軟弱な土地だとそこに建築することはできません。リフォームをする時も調査をしましょう。

View Detail